復旦大学

 

   復旦大学は長い歴史のある、国内外にも広く知られる名門大学で 1905 年に設立された。「復旦」の文字は中国の古書「尚書大伝·虞夏伝」の名句「日月光華、旦復旦兮」からきており、「自分を向上させることを怠らない」と言う意味がある。中国国家教育部の直轄指導を受ける国家重点建設大学の一つであり、 2000 年には、上海医科大学を合併して新しい復旦大学となった。

  復旦大学は研究型の総合大学であり、全分野において多くの学部、学科を設け、個々の学科の研究基盤はしっかりしている。現在、人文、ジャーナリズム、国際関係と公共事務、法学、経済、管理、情報科学とエンジニアリング、技術科学と工程、生命科学、医学、薬学、公共衛生、看護学等の学院及び大学院、継続教育学院、ネットワーク学院、国際交流学院がある。 57の本科専攻、209の修士課程、157の博士課程、25の博士後期課程を設けている。その他、 81の研究所、 145の多学科研究センター。医療サービス、臨床教学、科学研究を一体化した中山、華山、腫瘍、産婦人科、眼科と耳鼻咽喉科、小児科、金山及び上海第五病院の八つの付属病院を有している。全校学生数 4万 4 千人余り、そのうち本科生は 1 万 5千人、院生は 1 万人近く、そして外国人留学生が 3,200 人余り在籍している。

  復旦はハイレベルの教授陣を有し、多くの学科において、世界中に知られた造詣の深い、実績のある学者のほか、その専門分野での優秀な青年先駆者も数多くいる。 2,300 人の教学研究者の内、教授および副教授は 1,350人余り、またその中には博士指導教授が 746人、中国科学院と中国エンジニア院のアカデミー会員は 26 人も含まれている。

  復旦大學はすでに国際的影響力をもつ学術センターのひとつとなっており、国内外で活発な学術交流活動を展開している。復旦大學はハーバード大學、カリフォルニア州立大学バークレー分校、コーネル大學、早稲田大学など30 以上の国と地域の200 余りの大学及び科学研究機関と提携交流関係を結んでいる。

  敷地は 252ヘクタール、校舎面積110 万平方メートル、固定資産は 22億元を超え、 134 以上の実験室と数多くの大型先端機器が揃っている。現在、図書館蔵書数は 445 万冊、定期刊行物総数は2,5000 種類を超える。

 

外国人留学生

 

  復旦大学は外国人留学生の受け入れが中国でもっとも早い大学の一つで、 1950 年代か受け入れを開始した。この 40 年来、世界 100 カ国以上の国や地域からの1万人にのぼる留学生を迎え教育指導、うち多くは系統的な学習を終え、学士号、修士号、博士号を取得している。現在、毎年本校に在学する長期留学生は 3,200 名、そのおよそ半数は本科生と院生で、他は研修生と訪問学者である。その他、毎年 1200 名以上の短期留学生も募集している。

 復旦大学における外国人留学生教育の特色は、受け入れ学科が揃っていることであり、現在、文系、理工系、医学系のすべての学科が、本科、修士、博士生及び各類別研修生を受け入れている。そして外国人留学生のための本科「漢語言(対外)学科」を設け、すでに七期の卒業生を輩出した。また、各レベルの中国語研修生を受け入れるほか、中国学に興味を持つ外国人留学生のために、中国文学、中国歴史、中国経済、中国法律などの研修課程を設け、中国社会経済、歴史、文化などの様々な分野の知識を得る機会を、留学生のニーズに合わせて系統的に提供している。

 

2007復旦大学留学生事務室 | 著作権を所有する