学習環境
生活環境
医療サービス
課外活動

 


学習環境

     復旦大学の本部キャンパス(邯 郸 路)には教学ビルが全部で 6 棟あり、第 1 ? 2 ? 3 ? 4 教学ビルは邯 郸 路の北側のキャンパス内、第 5 ? 6 教学ビルは邯 郸 路の南側のキャンパス内。
   復旦大学医学部の中(楓林キャンパス)にも学生が使用できる教室がたくさんある。
   以上の教室は学内の学生に、授業と自習用に開放されている。授業がない場合には、留学生が自習教室として、利用することができる。利用時には教室の使用規則を守り、他人の邪魔にならないよう、騒いではならない。教室内緒活動は禁止されている。
   復旦大学には図書館が全部で3つある。本部キャンパス(邯 郸 )には文科と理科の 2 つの図書館があり、医学部(楓林キャンパス)には1つの図書館がある。   
   復旦大学本部キャンパスの図書館は 1922 年に創立された。現在蔵書数が 370 万冊を越え、職員は約 200 名、占有面積は2万㎡で、文科?理科の2つに図書館を分離、文科?理科?外国語の本などの書庫及び文科図書、理科図書、中国語と外国語の書籍と雑誌、視聴など十数ヶ所室の閲覧室がある。そのほかには、3つの全国向きのセンターが建てられている:外国教材センター(元教育部より 1979 年に設立された)?文科文献情報センター(国家教育委員会より 1991 年に設立された)?人文と社会科学センター書庫(国家教育委員会より 1995 年に設立された)。   
   復旦大学医学部の図書館 ( 元:上海医学大学図書館 ) は 1927 年に創立され、わが国では蔵書量が豊かな医学図書館中の一つである。蔵書数は 50.1 万冊。中国語と外国語の書籍と雑誌を 1694 種類ほど購読している。本館は文献の貸出?閲覧?コピー?検索?複数図書館内相互貸出?視聴?校内ラジオシステム?電子閲覧?ファックス? Internet サーフィン?医学検索などのサービスを提供している。また、校内外のさまざまな、学生?医者及び成人教育においては医学文献検索授業も開講し、また無料で読者に「現代的手法を利用して情報を得る」方法につきデモンストレーションも行っている。  
   復旦大学の留学生は学生証を以って相応の閲覧証と図書貸出証を申請することができる。

2004復旦大学留学生事務室 | 著作権を所有する ウェブサイト地図